f-kuromame0814.jpg
リードを短く踏んだら
足元でフセをする練習!

「リードを短く踏むこと=フセ」と、
トレーニングで教えておくと
ドッグカフェや病院などの出先はもちろん、
お散歩中に興奮しそうになった時の
わんちゃんを落ち着かせる方法の
1つとして活用できることも♪

まずは、リードを短く踏んだまま
指示は出さず、くろまめちゃんが
自らフセの体勢になるまで
静かに待ってみました。

最初はジタバタしていましたが、
1~2分程すると段々と落ち着いてきて
自らフセをしはじめましたよ(*^^*)

繰り返していくと少しずつ
フセをするまでのスピードが
早くなってきましたよ✨
f-jeri0814.jpg
足の間でフセにチャレンジ!

わんちゃんは「変化」が苦手なため、
指示を出す位置が違うだけでも
全く違うものに感じてしまい
混乱してしまうこともあるんです。

ジェリちゃんも最初は
足の間でフセの指示を出すと
いつもと向きが違うという事もあって
分からない様子。お座りをしてみりと
色々な行動を試してくれました(*^^*)

そこでいつもよりも大きく手を動かして
分かりやすく指示を出してみると
少し戸惑いながらもフセの体勢に
なることができましたよ★

何回か練習した後はわかってきたようで
この位置でもスムーズに
フセができるようになってきましたよ♪
o-parm-0814.jpg
初対面の実習生と
オモチャで遊んでもらいました!

社会化トレーニングというと
犬同士の交流ばかりに
目が行きがちですが
知らない人との交流も
必要不可欠です!(^^)!

特に男性は女性と比べて
わんちゃんに怖がられやすいので
小さいうちからしっかりと
慣らしていくことが大切ですね♪

パームちゃんは
初対面でしたが
緊張することもなく
楽しそうに引っ張りっこ遊びを
していましたよ☆彡
m-lufy0814.jpg
「誘惑のアイコンタクト」にチャレンジ!

大好きなささみを近くに落とすと
食べたくてリードを引っ張ろうとしていましたが、
短く持って止めておくと
アイコンタクトをしてくれたので
「よし!」といっておやつを食べることを
「許可」しました(≧▽≦)

このように
誘惑が目の前にあるときに
すぐに行こうとするのではなく
一度アイコンタクトという
許可を取らせてから行かせることにより
お散歩中の広い食いや
急な引っ張りと予防することができます◎

ルフィちゃんは
何回か繰り返していくと
リードを引っ張ることなく
しっかり許可を取ることが出来ました!
s-jef0814.jpg
お口周りの
お手入れの練習をしました!

わんちゃんの体の中でも
特にお手入れが大変なのが
お口周りですよね((+_+))

お口はわんちゃんにとっては
デリケートな部分で
触られるのに抵抗がある子も
少なくありません。

小さいうちから
触られることに慣らしておくと
今後のお手入れが楽になります♪

ジェフちゃんは
仰向けだっこで
お利口に歯の健康チェックを
させてくれました☆彡
y-naro0814.jpg
誘惑の中の
「おいで」に挑戦しました!

ドッグランでトレーニング中に
私服のスタッフが入ってきました(*'ω'*)
このような誘惑がある状況だと
いつも通りに指示を聞けなくなることがあります。

ナロちゃんは
スタッフが入ってきた瞬間、
尻尾を振って近付いていこうとしましたが、
たのしそうに呼んであげると
直ぐにこちらに集中を
取り戻すことが出来ました!(^^)!

その後は「OK!」といって
たくさん遊びましたよ★

ワンちゃんの名前

犬種別日記リスト